坐骨神経痛 原因 症状 治療法 治し方 ストレッチ

坐骨神経痛とはどんな病気?




坐骨神経痛とは坐骨神経痛という症状をあなたはご存知でしょうか?

坐骨神経痛は、坐骨神経においての神経痛で、片側の臀部(でんぶ)・太ももの後面・ふくらはぎに痛みが出たり、それに伴う下肢のしびれ・近く鈍麻・歩行障害などが起こることもあります。

ただ、この坐骨神経痛という呼び名は医学的な病名ではないのです。

坐骨神経が圧迫されることによって起こる神経痛のことを言い表す言葉です。

それでは、坐骨神経とはどんな神経なのかをご説明します。


《 坐骨神経とは?》

坐骨神経とは、末梢神経の一つで、長く・太いという特徴があります。

第4腰椎と第5腰椎の間から出て、第1〜第3仙骨から出る神経と合流し、梨状筋(臀部)の下を通って太ももの裏側を下行します。

最終的に坐骨神経は、膝の裏で総腓骨神経と脛骨神経に分かれ、ふくらはぎやかかと・足の指など、下肢全体の働きを司っています。

我々が、歩いたり転ばないようにバランスをとったりするためには、脳(中枢)から脊髄を通って、この坐骨神経に無意識に指令が出ています。

坐骨神経は、下肢の運動と下肢の皮膚感覚に大切な働きをしているのです。

坐骨神経のスタート地点の第4腰椎・第5腰椎は、人間の体の中でも、非常に負担のかかりやすい部位であるため、坐骨神経が圧迫されたり、負担がかかったりすることが多く、このとき坐骨神経痛が起こるのです。


《椎間板ヘルニアやぎっくり腰の後遺症? 》

坐骨神経痛は、坐骨神経そのものが損傷して起こることは少なく、椎間板ヘルニアやぎっくり腰・腰部脊柱管狭窄症の後遺症であったり、糖尿病や帯状疱疹など、他の疾病の後遺症として起こることが多い病気です。

坐骨神経痛の種類

坐骨神経痛の種類坐骨神経痛は、数種類に分類することができます。

それぞれのタイプについて詳しくご説明しますので、あなたの痛みはどのタイプの神経痛に当てはまるのか比較してみてください。


《坐骨神経痛の種類 》

【根性坐骨神経痛・腰椎性坐骨神経痛】
坐骨神経の付け根が圧迫されて、痛みがおこるタイプの神経痛です。

腰椎の関節・靱帯・筋肉などに異常があって、神経を圧迫している状態です。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因で起こることが多く、足の激痛や、腰とお尻から腿の裏側にかけて痛みや痺れがあるのが特徴です。


【梨状筋性坐骨神経痛】
臀部にある梨状筋という筋肉が収縮・緊張して、坐骨神経を圧迫し痛みが出ている状態です。

痛み・痺れはお尻のあたりに起こりやすいです。

この梨状筋の緊張は、外傷や立ち仕事などの、物理的な刺激が原因となっていることが多く、比較的治りやすい神経痛です。


【症候性坐骨神経痛】
坐骨神経痛の症状があって、しかし神経の圧迫が見られず、原因がはっきりと分からないものを症候性坐骨神経痛といいます。

このケースの時、お尻の筋肉が硬くなっている方が多いようですが、梨状筋性坐骨神経痛のような神経圧迫はありません。

そのため原因が分からず、原因を取り除く根本的な治療を行うことは出来ません。


【予防が肝心】
坐骨神経痛の痛み・痺れは、我慢できないほどの症状ではないために、病院にかからずに我慢してやり過ごしている方が多いようです。

腰痛の経験がある方や腰に自信がない方は、坐骨神経痛にならないよう生活の中で予防を心がけることが大切です。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛を引き起こす原因は様々です。

骨盤の歪みや股関節の変位、その日の気分や体調によって、痛みの程度や場所が変化することもあります。

特徴的なのは、年代によってその原因が分かれるところにあります。

ここでは、坐骨神経痛の主な原因を紹介します。

あなたの痛みの原因として、心当たりがありますか?


《坐骨神経痛の原因 》

【若年層の場合】

若年層の原因としては、腰椎椎間板ヘルニアや梨状筋症候群によって坐骨神経痛が起こることが多いといわれています。

腰椎椎間板ヘルニアは比較的急激に発症し、ラセーグ徴候が起こります。

ほとんどの場合、身体の片側だけ症状が出現しますが、ヘルニアの位置や大きさによっては両側に見られることもあります。

梨状筋症候群が原因で痛みが出る場合は、症状は比較的緩徐に発症し、通常はラセーグ徴候が起こらないことが多いです。

梨状筋間で坐骨神経が圧迫されることによって発症し、仕事や運動のストレスで悪化します。


※ラセーグ徴候
体を横たえた状態で、痛みのある方の脚を、膝を伸ばしたまま上げると、坐骨神経痛の痛みが増強される特徴があり、これをラセーグ徴候といいます。

これは特に、椎間板ヘルニアになる神経痛にみられる特徴です。

梨状筋に問題があって神経痛を発症した場合んは、この特徴はみられず、片足を上げた状態が痛みを増強してしまうことはありません。


《 高齢層の場合》
高齢層では、変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの変形疾患に伴って坐骨神経痛が誘発されるケースがよくみられます。

また帯状疱疹や糖尿病など、その他の疾患を原因にして、神経痛を誘惑するケースが多いようです。

坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛の症状坐骨神経痛は、人によって様々な発症の仕方をしますし、悩まされる症状も様々です。

症状を詳しく説明しますので、あなたの症状と似たところはないか照らし合わせてみて下さい。


《 症状 》
坐骨神経痛は、臀部から脚にかけて走行する坐骨神経が、何らかの原因で圧迫されることにより神経痛が生じている状態です。

症状としては、臀部から太ももの後ろ側にかけて鋭い痛みが起こることが多く、かかとや足の裏まで痛みの範囲が広がる場合もあります。

症状は、強い痛みとして感じるだけでなく、ビリビリとした痛み・痺れた感じ、感覚がマヒした感じ、違和感がある感じなど、人によってその不快感・強さは様々です。

また、最初に感じていた違和感が徐々に痛みに変わる場合や、ある日突然、太ももの痛みや痺れが現れるケースもあります。


《生活の中での坐骨神経通症状 》
・お尻から足にかけて、激しく痛んだことがある
・何年も前から、時々背部に痛みを感じることがある
・便秘に苦しんでる
・腰部に痛みが長時間続いたことがある
・重いものを持ち上げると、お尻に痛みを感じることがある
・長時間立ったり、座っていると腰部が痛くなる
・長時間歩くと腰背部が痛くなる
・咳やクシャミをすると、腰背部がひどく激しく痛くなる
・寝ている時、腰背部が痛くなり姿勢を変えずにはいられない
・朝起きたとき、腰背部がひどく痛くなる
・1日の終わりに足がひどく痛くなる
・足が痛くて、足を引きずるようにしないと歩けない(跛行(はこう))
・痛む方の足の血流が悪く、ひどく冷えてる


坐骨神経痛に関わる主な疾患

【椎間板ヘルニア】
椎間板は背骨を構成している椎骨の間にあり、体への衝撃を吸収するという重要な役割があります。

椎間板は弾力性はありますが、負荷によってはみだしてしまうことがあります。

この時、神経が刺激されると、坐骨神経の通っている範囲に症状が出ます。


【脊柱管狭窄症】
神経が通っている背中の中央にあるトンネルが、老化などによって狭くなってしまうことで症状が出ます。

長時間歩いていると、腰の痛み・足の方へ痛みやしびれ・つっぱり感が出るようになり、休憩を入れなければ足が前に出なくなることもあります。

また頚椎の部分が誘引の場合もあり、腕に症状が出ることもあります。


【梨状筋症候群】
梨状筋(りじょうきん)は臀部にある筋肉で、スポーツや仕事などで腰や股関節などに負担がかかり続けると、坐骨神経を圧迫して坐骨神経痛の症状が現れます。


【腰椎の分裂・すべり症】
腰椎の分離症は、腰の骨のある部分が切れてしまうことでレントゲンで確認することができます。

分離しているからといって、必ずしも腰痛などの症状があるとは限りません。

しかし問題なのは、この部分が不安定になった場合で、分離した状態では切れた部分から骨が前方へズレるようにすべってしまい、神経が刺激されることによって坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の症状をおこすことになります。


【カルシウム不足によるもの】
人間に体は副甲状腺ホルモンの働きを使って骨からカルシウムを取り出し、血液中のカルシウム濃度を維持しようとします。

この時、筋肉細胞中のカルシウムイオン濃度のバランスが崩れ筋肉の異常収縮・異常緊張がおこります。

慢性的な異常緊張は、骨格筋周辺の末梢神経を圧迫して傷つけ、肩こり・腰痛・坐骨神経痛の原因を作ります。


【腫瘍】
背骨に癌が転移した場合や、年齢に関係なく脊髄腫瘍や骨盤内腫瘍などが挙げられ、腫瘍性の病変で坐骨神経痛を発症する場合は、痛みが非常に強く保存的治療で治りにくいのが特徴です。

坐骨神経痛の予防

坐骨神経痛予防には、体操やストレッチが効果的!

坐骨神経痛の原因疾患には、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊椎管狭窄症などがある。

感染症や腫瘍などが原因でなければ、背骨の関節や椎間板への負荷を少なくする事で予防可能。

そのためには、背骨を支えている筋肉に疲労を溜めず筋肉の柔軟性を保ち姿勢のバランスが崩れないように体操やストレッチを行う事が有効なのです。

姿勢のバランスが崩れたままだと椎間板や関節の異常が起こる可能性があってそれが疾患へ繋がる可能性もある。

毎日の仕事や生活習慣で体の同じ部分に負担がかかりやすくなっている恐れがあるから坐骨神経痛の症状が出る前に、1日数回、難しい人は1日1回だけでも体操やストレッチを行いましょう!

一部分への負担が軽減される体づくりをすることが理想的。

逆に、予防の体操やストレッチをしていない人は・・・

お尻や太ももの裏から膝・足にかけての範囲に痛みや痺れなどの症状がある場合は体操・ストレッチを行う前に整形外科を受診するようにしましょう!

現在、症状がある場合は、医師から体操やストレッチの指導がある場合も多いのでそちらの体操を行いましょう。

他にも、散歩で予防や姿勢・動作・水・生活で予防などもあります。

自分に合った予防法を続けましょう。

坐骨神経痛ストレッチ

坐骨神経痛で困ってる人は、ストレッチで腰の筋肉のこわばりをほぐすことが効果的です!

筋肉のこわばりをとって、神経痛を軽減させましょう!


《急性期と慢性期 》
坐骨神経痛の治療にストレッチは有効ですが、まず自分の症状が『急性期』なのか『慢性期』なのかを見極めましょう。

急性期の痛みが激しいときや、患部に熱があるような場合は、安静が基本です。

ストレッチは軽いものにしましょう。

慢性期のストレッチは、神経痛に有効といわれています。

力いっぱい無理して体を動かすのではなく、ゆっくりと無理のないストレッチから始めましょう。

また、慢性期でも脊柱管狭窄症や退化性の関節炎など、変形性の疾患によって神経痛が出ているようなときは、ストレッチは軽めにしてください。

ストレッチをしていて、足や腰の痛みが強くなったり、痺れなどの症状が悪化するようであれば、すぐにストレッチは中止しましょう。


《効果的なストレッチ 》
ストレッチをより効果的にするためには、お風呂上りなど血流がよく、身体の筋肉がほぐれてる時が効果的です。

また、ストレッチを継続する事もとても大切です。

毎晩、お風呂上りにストレッチを続けていきましょう。


《ストレッチ方法 》
実際に行うストレッチは、難しいものではありません。

立った状態で、ラジオ体操のように、大きく身体全体を使って腰を回しましょう。

これを左右、両方向とも行います。

次に、これもラジオ体操と同じ運動ですが、前屈と体を後ろに反らす動きを交互に行いましょう。

無理のない程度でOKです。

仰向けに横たわって、両膝を合わせ、それを左右の床につけるように交互に倒しましょう。

この時、固い床の上でストレッチを行うと、腰には逆効果になるので気をつけてください。

坐骨神経痛の病院での治療法

坐骨神経痛の病院での治療法坐骨神経痛の治療は、その原因によっても変わってきます。

原因が明らかな時は、その原因を取り除くことが根本的な治療に繋がりますが、原因が分からない時や、原因を取り除けない時は対症療法になります。

ここでは、様々な治療法のうち、病院における治療法を紹介します。


《病院での治療法 》

【日常生活の指導】

急激に発症する腰椎椎間板ヘルニアの場合、まずは安静が治療の原則です。

高齢者の変形性腰椎症や腰部脊柱管狭窄症などの場合には、コルセットをオーダーメイドすることもあります。

正しい姿勢で、身体・特に腰部に負担をかけないように指導を行います。


【薬物治療】
辛い痛みや痺れを抑えるために、非ステロイド性消炎鎮痛剤の飲み薬や座薬が使われます。

腰脊柱管狭窄症では、神経組織内での血流障害が痛みの原因と考えられており、血液の循環を改善する薬が処方されることもあります。

薬物治療を長期にわたって続けると、副作用で胃腸障害や心臓疾患を引き起こすことにも繋がるため、あまり漫然と続けてはいけません。


【理学療法】
温熱治療として、ホットパックや極超短波などが用いられます。

腰痛がある時には、牽引治療もよく用いられます。


【ブロック注射】
ブロック注射には様々な種類がありますが、最も効果的で即効性があると考えられているのは『選択的神経根ブロック』です。

この選択的神経根ブロックは、痛みの治療としてだけでなく、疼痛の再現性を確認することにより、診断方法の一つとして用いられています。

ブロック直後は、ほとんどの場合痛みが消えるような効果的な方法ですが、穿刺時の痛みが強く、神経根損傷の可能性もあるため、漫然と繰り返すことはできません。

一度のブロックで数ヶ月以上の効果が得られる場合や、そのまま再発もなく完治する場合もあります。

一方で、約1時間程度の効果が得られない場合もあります。

坐骨神経痛の家庭での治療法

坐骨神経痛の家庭での治療法坐骨神経痛の家庭での治療法!

坐骨神経痛の原因は様々で、その症状も人によって様々です。

病院での治療は、原因や症状に合わせて対症療法を行うことが多いのですが、やはり大切なのは、日々、患部をきちんと労わることです。

ここでは、家庭のおける坐骨神経痛の治療法・ケアの仕方を紹介します。

《家庭での治療法 》

【冷えを防ぐ】

坐骨神経痛になってしまう原因は、腰・下肢の冷えが多いため、まずは日常的に下半身を冷やさないようにする必要があります。

露出の多い服装は良くないですし、夏でも靴下を履くようにしましょう。


【天候に気をつける】
神経痛は湿気と寒さを好むので、季節と気圧の変化も症状に影響します。

天気の悪い日や寒い日、冬は症状が悪化しやすいので、特に気をつけましょう。


【正しい姿勢をとる】
坐骨神経痛を軽減させるためには、正しい姿勢で腰に負担をかけないことが大切です。

畳や床に座る時は、正座を崩す横座りや両足を両側に崩す座り方、両膝を立てて座る体育座りを避けましょう。

一番良いのは普通の正座ですが、長時間正座をするのが辛い人は、座椅子を使って足を投げ出すか、あぐらをかいて座るようにしましょう。

椅子に腰掛けるときも足を組まずに、体重を両尻に均等にかけるように注意して座りましょう。

中腰や、変な体勢で力むことも避けましょう。

柔らかいベッドは、腰が沈み込んでしまうのであまりオススメできません。

腰が沈み込む柔らかいベッドはなるべく避け、痛い方を上にして横になって寝るようにし、身体を丸めるエビ型の姿勢で就寝しましょう。


【肥満に注意】
高いヒールや、硬い靴底の靴は、腰に負担をかけますので避けましょう。

特に体重が増加すると、テキメンに腰の負担が増えるので、食事や運動には注意してください。

今太っている方は、ダイエットに取り組みましょう。



⇒  たった3日間で痛みとの決別〜坐骨神経痛を自宅で改善
⇒  大須賀式 坐骨神経痛改善法【1日5分でできるストレッチ】
⇒  上田式腰痛革命プログラム 〜慢性腰痛・坐骨神経痛・ヘルニア・分離症・すべり症・変形症状など幅広く対応〜